楽器をはじめたいと思うなら、まずは楽器店に行ってみよう

楽器をはじめたいと思うなら、まずは楽器店に行ってみよう

人生において楽器に触れる機会

皆さんは音楽を聴いた時、どんな気分になるでしょうか。毎日の生活ではテレビやラジオから流れている曲もあれば、学校や施設内でも音楽を耳にしたりもするでしょう。幼稚園ではカスタネット、小学校ではアルト笛やピアノを習って、大人になればなるほど楽器に親しむことが増えてきます。高校や大学などへ行けば、吹奏楽部や軽音楽部といったところで演奏する機会もあり、誰もが人生において何らかの楽器に触れていると言えるでしょう。

町の楽器店に足を運んで見よう

大型楽器店にはクラシックからロックンロールまでありとあらゆる音楽に必要な楽器が取り揃っていることでしょう。最寄りの楽器店に足を運んで実際に展示されている楽器を目の当たりにしてみると、その楽器の質感が伝わって来ます。楽器を始めたいと思ったなら、まずは自分の好きな音楽ジャンルで使われてるギターなりピアノなりの実物を見てみることをお薦めします。店内には、所狭し色とりどりの楽器が並んでいますが、自分の合った楽器を見つけることが一番です。

楽器を購入するポイント

楽器と言ってもあらゆる種類があり、それらの価格というものもピンからキリまでと言えます。どんな楽器を選ぶにしても初心者ならとりわけ安いものを選びましょう。高価な楽器を買ったにもかかわらず、練習に挫折、挙句の果てに物置で眠ってしまうという例は多いのです。初心者なら始めから高価な楽器を買わずに、お試しも兼ねた練習用として安価な楽器で様子をみるとよいでしょう。ある程度、楽器が弾けるようになってから、本格的なモデルに買い替えるという手もあります。

現在よく使用されるのはアルト、ソプラノ、テナー、バリトンの4種類のサックスです。演奏される機会は少ないですが、他にもさまざまな種類が存在します。