あなたが重視するのは画数?それともオリジナリティ?

あなたが重視するのは画数?それともオリジナリティ?

画数による吉凶は占いによって変わる

お子さんが産まれる予定の方はウキウキ、ワクワクしながら考えるのが名前。最近では珍しい名前や難解な読み方の名前が流行っていてよく話題になりますね。今ではあまり気にすることが少なくなった「画数」ですが、実は占いによって多少変わることをご存知でしょうか?画数による占いは流派によって微妙に変わり、ある占いでは凶とされている名前でも別の占いではそんなに悪くなかったりすることもあります。画数も気になりますが、両親や家族と話し合って納得した名前にすることが大切です。

あえて「ひらがな」を使ってみるのは?

つけたい名前はあるけれど、なかなか漢字に当てはめるのが難しいということもありますね。特に響きから先に決めた場合、難解な読み方にせざるを得なかったりすることでしょう。そんなときにはあえて「ひらがな」を使うこともひとつの手ではないでしょうか。たとえば「ハナコ」という名前をつける場合「はな子」にしたり、「ケンタ」という名前の場合「けん太」にしたり。ひらがなを一部分に使うことでオリジナリティを出すこともできます。

時代と共に移り変わる名前の流行

キラキラネームと呼ばれる名前が話題になり、そのときに「読みやすい名前がいい」とか「子供がかわいそう」とか言われてしまいます。親としては一生懸命考えてつけた名前なのにそんなことを言われたら悲しくなってしまいますね。名前というのは歴史と共に移り変わり、その時その時で流行りがあります。だんだん読めないような名前が当たり前になる時代がくるかもしれません。しかし、まだまだ理解を得にくいことも事実ですのでオリジナリティを重視するのか、周りの家族にも意見を聞いてみるといいでしょう。

子供に命名する時に考えるべきことは名前として使うため責任を持ち、使いやすくすることや相手に覚えやすくする必要があります。